高校体験授業

開智未来の教育に触れてみよう!

【概要】
日時:2020年9月20日(日) 
場所:開智未来中学・高等学校
対象:高校受験生と保護者(中学2年生も参加できます。)

 

【日程】

  9:30~10:00学校概要説明
10:10~10:55
(1時間目)
国語・数学(基礎)・英語・世界史・理科から
お好きな科目を1科目選択することができます。
11:05~11:50
(2時間目)
国語・数学(発展)・英語・世界史・理科から
お好きな科目を1科目選択することができます。

 

※体験授業の時間帯は、保護者の方も授業を見学いただけます。
 また保護者の方向けに「保護者対象説明会・見学ツアー」(1時間目)を開催する予定です。(保護者のみの方は予約不要です)
※自家用車で来校できます。またスクールバスを運行します。(開催5日前にバス拠点・時刻表をホームページからお知らせします。)当日は上履きをご持参ください。
※数学(基礎)、数学(発展)以外の科目は、1限と2限の内容は同一となります。

 

【授業の申し込み】

1時限と2時限より、1教科ずつ申し込んでください。定員に達した教科は申し込めませんので他教科を選択してください。

国語

楽しい古文の世界を味わおう! 「古文って英語みたいで嫌いなんだよなあ…」 「昔の人が何を考えていたかなんて興味ないなあ…」 これらは実際に高校1年生の初めての授業でアンケートに書いてあった古文に対する印象です。 いや、でも、古文は決してそんなにつまらないものではありません! 実際に文章を読みながら一緒に古文の世界に浸かってみませんか?

数学【基礎】

計算力を鍛えよう。 開智未来の数学では、試行力・直観力・説明力・俯瞰力の4つの力を意識して授業をしています。その一端を中学内容の数学を通じて、開智未来の数学を体験してみましょう。そして、「しっかりとした計算力」を身につけよう。

数学【発展】

数学に必要な4つの力とは。 開智未来の数学では、試行力・直観力・説明力・俯瞰力の4つの力を意識して授業をしています。 その一端を中学内容の数学を通じて、開智未来の数学を体験してみましょう。そして、「強靭な数学力」を身につけよう。

理科

身近なもので電池を作り、電池のしくみを理解する。   2019年に、吉野彰博士がリチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞を受賞したことを覚えていますか? 現代では、多くの電化製品に電池が利用されており、我々の生活には欠かせないものとなっています。 ところで、電池はどのようなしくみで、電流を流しているのでしょうか?身近なものを使って、一緒に電池を作り、電流を流してみましょう。 その様子を観察して、電池がどのようなしくみで電流を流しているのか一緒に解明しましょう。

世界史

世界史を変えたパンデミック(世界的大流行) 私たちは、将来教科書にも載るであろう感染症の世界的流行を今まさに経験しています。 感染症の流行は古くから「歴史を変えるほどの影響」をもっていました。皆さんが中学校の先生から習った世界史上の「あの出来事」が起きたのも、実は感染症の流行が一つの理由にあったのです! ICT機器の助けも借りながら、皆さんに世界史の世界をお届けします!一緒に歴史の楽しさと奥深さを味わいましょう! 持ち物:スマートフォン(もしくはタブレット)、筆記用具

英語

ネイティブ教員によるAll Englishの授業を体験しよう! 開智未来の高1の英語授業では、週に2回「English Expression」というネイティブ教員によるAll Englishの授業が行われます。 「English Expression」の目的は、授業の中で生の英語を大量に聞き、そして、間違いを気にせず実際に英語で発話してみることにあります。  今回は、この授業を担当しているNick先生によるモデル授業に参加してもらいます。授業はすべて英語で行われますが、2名の日本人教員もサポートしますので、英語が得意でない方も安心して参加してください。