顧問感覚

コモンセンス

非薄味(薄味に非ず)

 今日は開智未来で、4つの学年の「哲学」の授業を行う日です。1時間目は中学2年、2時間目は中学3年、4時間目は中学1年、5時間目は高校1年です。
 それぞれ、気合いと思いを入れて授業をしました。
 「うざいかもしれないけれど、気持ちを入れて授業を行う年寄りを見るのも大事な経験です」
 自虐的かもしれませんが本音です。
 世の中がスマートになり、テクニカルになり、軽やかになりました。気合いや思いは「昭和」の遺物になりかけています。
 薄味で心地よい、とはほど遠い、胸焼けのするような授業かもしれませんが、子どもたちの心を少しでも揺さぶれればと考えています。
 多くの方に体調を心配されましたが、おかげさまで、元気いっぱいに授業をしています。